ジョージア ヨーロピアン こだわりの軌跡

製法へのこだわり

コーヒー豆本来のおいしさを引き出すための焙煎とグラインド。
そこには、さまざまな工夫が凝らされています。

2種類の焙煎で豆の個性を引き出す

「香るブラック」では、コーヒー豆の個性を最大限活かすために、豆ごとの別々の焙煎を行っています。コロンビア豆には深煎り焙煎。豆の特徴である香りとマイルドな味わいを引き出しました。一方、グアテマラ豆とブラジル豆は中煎り焙煎。苦みを低減して、まろやかなコクを引き出しています。

ひと手間かけてチャフを微粉除去

チャフ(コーヒー豆の薄皮)は、渋みやエグ味のもとになります。 「コクの微糖」と「熟練ブレンド」は、専門店で出されるマウスフィールな味わいを目指して、抽出前にチャフを微粉除去によって取り除いています。
そしてコーヒー豆の粒の大きさを揃えて豆のおいしい部分だけをドリップ。ひと手間が、澄み切った味わいを実現しました。

こだわりの軌跡 vol.7 クオリティへのこだわり

PAGE TOP

  • FACEBOOK PAGE
  • OFFICIAL TWITTER
  • MAIL MAGAZINE