Georgia 繧オ繧、繝医ヨ繝繝励∈
「でかした、俺。」エピソード 棚橋弘至篇
「初めて緻密に鍛えたら40歳にして伸びしろがあった!」
“チャラ男”としてブーイングを浴びた時代を経て、新日本プロレスのエースとなったプロレスラー・棚橋弘至。 今年で40歳を迎え、ベテランに差し掛かった彼に、「でかした、俺。」と自分で自分を褒めたくなる瞬間を聞いた。
「今年の5月にケガをしまして…。8月に『G1クライマックス』という大きな大会を控えているのに全治2カ月。ですが、そこを5週間で治して、何とか間に合わせたこと。これは自分を褒めたいですね。今までのトレーニングは、ベンチプレスをガーンと上げて、バーっとやって終わり!だったのですが、今回は絶対に出場すると決めていたので、リハビリのメニューを細かく決めたんです。具体的なプランを組んでトレーニングしたのは、入門以来初めてなんですよね」
昨年のG1覇者である彼に、“出ない”という選択肢はない。 リングに立ち、試合ができることがプロレスラーである彼の喜びになる。
「今年で40歳。残りのキャリアを考えると“引退”が
							見えてくるじゃないですか。何をもって引退するかを考えたとき、『チャンピオンを目指さなくなったら』だと。なので最近、もう一度「チャンピオンになる!」と言葉に出して言おうかなと。そして朗報もあってですね!
							この年になって、なんと体力が伸びているんですよね。棚橋は不惑にして、まだ伸びる!自分に驚きますね」
引退を視野に入れた瞬間、再び頂点を獲りにいくという新たな目標が見えた。偉大なるエースではあるが、その実、内部では最高の中間管理職という顔も。
「自己プロデュース力がないとプロレス界では生き残れないんですよ。僕なんか特にクセがないですし。僕はプロレスラーの中で、一番企業勤めに向いていると
								思いますね。上司にとっては使いやすいですし、部下からしたら優しいですから。他の先輩がほとんどムチを振るう人なので、僕は後輩にアメだけを与え続ける役割です(笑)」道を切り開く男が「でかした、俺。」と自分を褒めることができたとき、 その手に上質なコーヒーがあれば最高の満足感に浸れるはず。
								そこで、彼にリニューアルした「ジョージア ザ・プレミアム」を飲んでもらった。
“道を切り拓く男が「でかした、俺。」と自分を褒めることができたとき、その手に上質なコーヒーがあれば最高の満足感に浸れるはず。そこで、彼にリニューアルした「ジョージア ザ・プレミアム」を飲んでもらった。
「でかした、俺。」と、感じた時は、ジョージア ザ・プレミアムを!
「ジョージア史上、最高傑作*」がさらに香り豊かに、コク深く進化。
“コーヒーの強い味わい”や“コーヒーの香り”を更に進化させ、ミルクの味わいをより濃厚にコク深くしました。
おいしさの秘密はこちら
*消費者調査より、81%以上の方に、「今まで飲んだジョージア製品よりもおいしい」とご回答いただきました。(コカ・コーラ調べ/185g缶:砂糖・ミルク入り製品内、260mlボトル缶:微糖製品内)

あのキャラクター、著名人の「でかした、俺。」エピソード毎週更新中!!!

第1話 第2話 第3話 第4話