Georgia 繧オ繧、繝医ヨ繝繝励∈
「でかした、俺。」エピソード 清春篇
「これを清春がやるんだって驚かせられたらいいよね」
“黒夢、sadsとしての活動を経て、現在は音楽以外でも多方面で活躍するミュージシャン・清春。音楽家から経営者までの顔を持つようになった彼に、「でかした、俺。」と自分で自分を褒めたくなる瞬間を聞いてみた。
「僕らはある程度売れ続けなければいけない職業なんです。とはいえ、“旬”を過ぎたとしても、割とかっこ良くてちゃんとしていればなんとなくやれちゃうんですよね。この職業。でも、僕はもっと自分の好きな“かっこよさ”を集めて、それを伝えたい。音楽は今でも一番大切なものだけど、それは音楽以外でもいいんです。35歳でアパレルブランドを始めて、ショップや飲食店も出した。どれも僕が考える“かっこよさ”。ファンのみんなに、『これをミュージシャンがやるんだ』って驚いてもらえたときはうれしいですね」
“年を経るごとに表現方法は変わるものの、自身が思う“かっこよさ”がファンに伝わり、それが彼らの喜びに変わった瞬間、清春は至上の達成感を味わう。
「新しいことを始めるときは、ファンに100%楽しんでもらおうと考えているんです。まあ、実際には40%くらいしか喜んでもらえないことが多いし、もしかしたら10%なのかもしれない。でも、いろいろなことをやってみて、全部が集まって100%になればいい。それを突き詰めていくと、周りがどう感じようと自分が思うかっこいいものになるじゃないですか」
20代から音楽業界の最前線で活躍してきた彼は40代に入り、自身の感性が少しずつ変化していることを実感しているという。
「何十年間も一つのことを続けている人って、本当にすごいと思うね。最近、雑誌で定食屋のおかみさんのインタビューを読んだんです。なぜ店をやり続けているのか?っていう質問に、『食べに来る人がいるから』って。なんかグッと来るじゃん。このすごさが若いときだと分からないよね(笑)。年齢を重ねてそういうことに目を向けられるようになっているって感じたとき、『でかした』なとも思います」
“かっこよさ”を求め続けて働く男が、「でかした、俺。」と自分を褒めることができたとき、その手に上質なコーヒーがあれば最高の満足感に浸れるはず。そこで、彼にリニューアルした「ジョージア ザ・プレミアム」を飲んでもらった。
「(ゴク)うん、おいしいよ。『最高傑作』か…そういう味なんじゃない?これからは見つけたら、買いたいと思いますね。レコーディングで曲が完成したり、ライブ終わりだったりは必ず缶コーヒーを飲むんですよ。俺、水派じゃないんで。水いらないよね(笑)」
「でかした、俺。」と、感じた時は、ジョージア ザ・プレミアムを!
「ジョージア史上、最高傑作*」がさらに香り豊かに、コク深く進化。
“コーヒーの強い味わい”や“コーヒーの香り”を更に進化させ、ミルクの味わいをより濃厚にコク深くしました。
おいしさの秘密はこちら
*消費者調査より、81%以上の方に、「今まで飲んだジョージア製品よりもおいしい」とご回答いただきました。(コカ・コーラ調べ/185g缶:砂糖・ミルク入り製品内、260mlボトル缶:微糖製品内)

あのキャラクター、著名人の「でかした、俺。」エピソード毎週更新中!!!

第1話 第2話 第3話 第4話