Georgia 繧オ繧、繝医ヨ繝繝励∈
「でかした、俺。」エピソード 鈴木拓(ドランクドラゴン)篇
「うまく“クズ”をころがせたとき、海の上で一人、自分をほめています(笑)」
“炎上芸人”の先駆者として知られる、ドランクドラゴンの鈴木拓。最近は「世間の代弁者」としてイメージを変えてきた彼が、「でかした、俺。」と自分で自分をほめたくなる瞬間を聞いてみた。
「最近は、収録中にキングコングの梶原(雄太)にボロクッソ悪口を言ってやったときですかね。以前、一緒にレギュラー出演していたバラエティー番組で、彼がいかに特別扱いされていたかを暴露してやったんです。『運動神経抜群キャラが成立していたのは、お前だけ上質な靴が与えられていたからだ!!』とか、面と向かって言ってやりましたよ(笑)」
“クズ”の噂に違わぬエピソードながら、クスッと笑える小ネタを選んでいるところが彼らしい。事実、尖った発言を連発して「悪目立ち」することは控えているという。
「下手に目立とうとすると現場の調和を壊しちゃうし、仮にバカウケ発言を連発して画面に映り過ぎると、その番組にしばらく呼ばれなくなってしまうんです。だから、1回見せ場をつくれば十分。その結果、共演者やスタッフさんに『面白かったよ!』と喜んでもらえたら最高です」
「嫌われ者」という修羅の道を選んだことで誤解を受けやすいが、彼がもっとも達成感を味わえるのは、毒づいた先にある「人に喜んでもらえた」とき。つまり、お笑い芸人としての本懐を遂げた瞬間だ。
「こう見えて僕は自分のことが好きなので、仕事でバカウケした日は『でかした、俺。』と自分を褒めています。自分へのご褒美として愛用のシーカヤックで海釣りに行くことも多いですね。仕事の名場面を思い出しながら、一人でニヤニヤしています(笑)」
苦難の道を行く働く男が「でかした、俺。」と自分を褒めたいとき、その手に上質なコーヒーがあれば最高の満足感に浸れるはず。そこで、彼にリニューアルした「ジョージア ザ・プレミアム」を飲んでもらった。
「(ゴクゴク)……お!うまい!すっきりした甘さで飲みやすいのに、味わい深い。これが“コク”ってやつですかね。何だか、高そうな味がします! じつは相方の塚っちゃん(塚地武雅)がいつもジョージアを飲んでいて、僕は“おつかい”で買いに行くことが多いんです。普段は仕事で塚っちゃんから褒められることがないんですが、いつか『面白いやん!まあ飲めや』って、僕がいつも買っていたジョージアを渡されたら、すごくうれしいかもしれないですね(笑)」
「でかした、俺。」と、感じた時は、ジョージア ザ・プレミアムを!
ジョージア微糖史上最高のコク。
通常よりも1.3倍**のコーヒー豆を贅沢に粗挽きにすることで実現した、最高のコクをお愉しみください。
おいしさの秘密はこちら
*コカ・コーラ調べ**公正競争規約コーヒー規格下限基準値(5g/100g)比

あのキャラクター、著名人の「でかした、俺。」エピソード毎週更新中!!!

第1話 第2話 第3話 第4話